キャスト


キャストのタイプは2種類。遠くに投げる[ディスタンスキャスト]。狙った場所に投げる[アキュラシーキャスト]。

バス釣りではバスが居るポイントに正確にルアーをキャストする必要があるので

アキュラシーキャストをすることになります。つまり正確性重視、ドカベンの里中君。


では、実際どんなキャストがバス釣りでは理想的なの?というと

低い弾道(ライナー)で、着水音が小さいキャストとなります。

フライになってしまうと、風に流されやすく狙ったポイントからずれるし、

ラインがよけいに出て着水直後のアタリに素早く反応できないし、

高くあがったぶんだけ着水音が大きくなってしまいます。悪いことだらけですなぁ。


キャストの良し悪しで、その日の釣果がじぇんじぇん違いますので

狙った場所に正確に静かにルアーをキャスト出来るよう練習しましょう。

私は油断するとすんごいフライになります。おかげでルアーを木にぶち込んだことが何度もあります。。

はぁ〜、上手くなりたい。。


こちらではスピニングタックルによるキャストを紹介します。

ベイトの場合はクラッチをきって親指でスプールを押さえます。

ブレーキの強さはクラッチを切った時にルアーがスムーズに落ちる早さです。

構えはリールを内側に倒して横向きに構えます。

後は、まぁ一緒です。


ベイトでのお勧めキャスト方法は こちら です。



フェザリング


● フェザリング

フェザリング

フェザリングとは指でラインにブレーキをかけるテクニックです。

人差し指でスプールを触るか触らないかてな感じです。

これで投げれるようになれば無敵です。

ジャイアンがドラえもんとタッグを組んだぐらい無敵。

キャスト後のルアーを自在に操れるようになります。



● あり?これは

あり?これは

「あれ?人差し指まげてライン押さえてキャストするんじゃないの?」と

思った方もいらっしゃるかと思います。ええ、私もそうでした。

この投げ方は遠投の時や重いルアーを投げる時に使用するそうです。

正確性重視のバス釣りでは

やはりフェザリングをマスターする必要があります。

逃げちゃダメ!



オーバーヘッドキャスト


基本のキャストとなります。これが出来ないとバス釣りは始まりません。

習うより慣れろ!です。何度もキャストして上手になりましょう。

ちゃーしゅーめーん!のタイミングっす。

あ、くれぐれもキャスト前は後ろに人がいないか確認しましょう。


● その@

その@

まずはポイントに向かって真直ぐに立ちましょう。

ちなみにタラシの部分を、重いルアーを投げる時は短く、

軽いルアーを投げるときは長くしておくと

同じタイミングでリリースが出来るのでやりやすいです。



● そのA

そのA

手首を返すようにしてバックスイング開始です。

気になってロッドを見ちゃ駄目ですよぉ。

意識はつねにキャストするポイントへ。



● そのB

そのB

後ろに行くルアーに手首が引っ張られるイメージです。

自然に自然に。



● そのC

そのC

竿の角度が地面に対し直角から少し後ろに傾いたあたりで

今度は前に振っていきます。



● そのD

そのD

タラシが地面と平行に近づいたタイミングで

指を離しリリースします。

リリースのタイミングは何度も練習です。体で覚えましょ。



● そのE

そのE

ロッドを前に押し出すように倒します。

ここでロッドの反動がいきてきます。



● そのF

そのF

ルアーの飛ぶ先を目で追ってきます。

着水直前に人差し指でブレーキをかけ、静かにルアーを着水させます。

うまくキャスト出来た時はしばらく余韻にひたりましょう。



● 一連の動作

一連の動作

一連の動作はこんな感じになります。

図では分かりやすいように着水するまでの間

リールの人差し指を完全に離してますが、

実際はラインが出過ぎないように

人差し指で適度にブレーキをかけ調整して下さい。



ピッチング


これも憶えておくべきキャストとなります。

振り子のようにしてルアーを近場のスポットにキャストします。

例えばアシを近距離で連続してラバヂなどを撃ってく場合などですね。

またこのキャストがビシ!と決まるとかなりかっこいいので上手くなるべし!


● その@

その@

ルアーを自分の真横ぐらいまで持ってきましょう。

ロッドを下向きにして構えます。

ポイントを睨みつけて。



● そのA

そのA

ルアーを離し、手首またはヒジを中心にまっすぐにロッドをあげます。

比較的ゆっくりとした動きで大丈夫です。

ラインのリリースはタラシが地面と垂直になるタイミングで。

着水直前にスピニングは人差し指、ベイトは親指でブレーキをかけ、

静かにルアーを着水させます。



キャストの強弱はロッドの振りの速さなどでも調整出来るのですが

コツをつかむまではキャストの振りは変えることなく

キャストする構えのルアー位置の高さで調整するのがやりやすいです。

振りの強弱で飛距離を変えようとすると精度が失われやすいですので

いつもキャストは同じ強さで

遠くにキャストしたい場合はルアーを高く構え、

近くにキャストしたい場合はルアーを低く構えるのがよいでしょう。

コツをつかんだら、キャストの速さや大きさで強弱を調整できるように練習しましょう。


● 基本の位置

基本の位置 まずは基本の位置。

腰の横あたりがやりやすいと思います。

基本の位置からのキャストで

ルアーがどのくらいの位置に飛ぶかを把握して下さい。



● 遠くへキャストしたい場合の位置

遠くへの位置 こちらが遠くにキャストしたい場合。

赤いラインが先ほどの基本の位置です。

逆に近くにキャストしたければ

赤いラインより低い位置でルアーを構えればよいわけです。



ロッドの振り方ですが、まっすぐにロッドの竿先をあげます。

遠くにキャストしようとするとついチカラが入り

斜め方向へロッドをあげてしまいます。

円を描くようにとんでもない方向にスットンで行きますのでご注意を。

へたすりゃ一周して後ろに飛んでいきますぜ。


● まっすぐに

まっすぐに はい。このようにまっすぐに。

踏み切りの遮断機があがるように。

ETCの遮断機?ああ、それでもいいよ。



● これはダメ

これはダメ こちらはダメな例。

ロッドが斜めにあがってますね。

何事もリキんじゃいかんってことだねぇ。



サイドハンドキャスト


頭の上に木などの障害物がある場合はサイドハンドキャストの出番です。

さて実際のキャスト方法ですが、オーバーヘッドキャストを横に倒しただけ。そんだけです。

オーバーヘッドキャストが出来るようになればサイドハンドキャストも出来るようになってます。

つーことで、図は無し!ああ、手抜きと罵るがいいさぁ!


アウトドア&フィ
ッシング ナチュラム