お勧めするタックル


私がこれからバス釣りを始める方にタックルをお勧めする場合ですが、

例えばパソコンが欲しかったとします。

どんなパソコンがいいですかね?と尋ねたら
いろいろな答えがあると思います。

CPUが速いのを薦める人。
メモリが多いのを薦める人。
DVD付きを薦める人。
TVが見れるのを薦める人。


タックルもそうなんです。
人それぞれにいろいろな答えが返ってきます。
答えてくれる人がバス釣りをどう考えているかによって
さまざまな答えが返ってくる訳です。


では、私がタックルをお勧めする場合は?というと

[楽しむ]

これに基づいてまずは道具をそろえます。


楽しむ為にはどうするか?
まずは
なるべく安く価格を抑えることだと思います。

せっかく高いタックル揃えても
釣りに行くお金が無くなってしばらくは釣りに行けない。
これじゃあつまらないですよね。

高い車を買った為にガソリン代が無くなった。
これと同じです。
これじゃあつまらないですよね。


次に
トラブルを最小限に抑える。

ラインがぐちゃぐちゃになったりしたら
もう釣りをする気なんか一気になくなります。
ロッドを池に投げ捨てて帰りたいぐらいです。


そして何より
バスを釣る!

これが最大の目的ですね。
バスが釣れなきゃ楽しくない。
バスが釣ってみたくてバス釣りを始めるわけですから。
まずは釣る。これが大事。


さて前置きがやったら長くなりましたが
まずお勧めする
ハードルアーですが、その前に。

バス釣りで重要なのは
[いかにポイントに正確にキャスト出来るか]。
まず初めはキャストが上達する必要が必須となるんです。
ほんの数十センチ、ルアーが着水した位置が違っただけで
バスが釣れるか釣れないかが左右したりするんです。

けど、最初は木にひっかけたりとミスします。必ずします。
つまり必ずといっていいほどルアーを失くします。
だからなるだけ安いルアーがいいんです。失くしますから。

それに高いルアーだと失くさないように
ぎりぎりを狙ってキャストしなくなります。
それじゃあバスは釣れません。楽しくありません。

だから
高いルアーはキャストが上達してから買いましょう。

釣れる、釣れないで価格が決まっている訳ではありません。
高いルアーだから釣れるということではないんです。
安いルアーで大丈夫です。



で、ルアーの種類ですがまずは
クランクを買いましょう。

何故ならキャストして巻くだけ。これだけで釣れます。
ロッドで操作してうんぬんってのは後回しです。
最初はバス釣りの経験値をあげるのが先です。
その為にはどれだけ多く投げて多く巻くかです。

またクランクには潜行深度が設定されており
ただ巻いてあげれば勝手にその深さまで潜ってくれます。
つまり1Mのところを狙いたければ
潜行深度が1Mのクランクを巻けばいいだけ。
簡単ですね。


で、お勧めのルアーですが
STORM社の

サブワートその@

サブワート(0 〜 0.3M)

ナチュラムさんの詳細説明ページへ


ミッドワートその@

ミッドワート(2.5 〜 3.0M)

ナチュラムさんの詳細説明ページへ


ディープワートその@

ディープワート(2.5 〜 4.0M)


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


何と1000円以下で買えるというお手軽さ!
けど、よく釣れる。

この3種類を狙うポイントの水深にあわせて使い分けて下さい。

ミッドワートとディープワートは
もしも根がかりした場合を考えて
2つ、3つ持っていてもいいかもしれません。


ルアーの色は最初は目立つものがよいでしょう。
自分のルアーの動きを知ることは大事です。
今どの位置を進んでいるや、
この速さで巻くとこのぐらいの勢いで潜るなど。
けどルアーは水中ですので見失いがちです。
だから見失いにくい目立つ色がよいんです。

2つ買う場合は
どうせなら赤とピンクなど似たような色ではなく
赤と青など違う色を買いましょう。
赤では反応しなかったバスが青に反応するってことがある為です。


これも買っておきましょう。
スピナーベイト。

バスは障害物につくわけですが
そこの近くにルアーを通そうとすると
どうしても根がかりする恐れがでて来ます。
だからといって障害物を避けていたら釣れないですよね。

そこでスピナーベイト。
何ていっても
根がかりしにくい。
根がかりばっかしていたらイライラしてきます。
最悪、ルアーを失くしてしまいます。
そんなの楽しくないですよね。

またスピナーベイトもただ巻くだけ。
それだけでブレードが回転しバスにアピールしてくれます。
ただクランクと違い潜行深度というものがなく
ほっておけば沈んでいきます。
クランクよりは一定の深度を保って巻くのが難しいです。
これは経験を積むしかないので
ひたすら投げてひたすら巻いて感覚をつかんで下さい。


で、お勧めのルアーですが
エバーグリーン社の

SR−ミニ

SR−MINI


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


価格はスピナーベイトの平均的価格の1000円ちょい。

大きいスピナーベイトはデカバスに効くのですが
まずはたくさんバスを釣りたいので
サイズを選ばずよくつれるミニサイズ。

クランクとスピナーベイトは
上達してからも主要ルアーとして軸で使っていくことになるので
最初のうちから使って慣れていくことで上達の近道となります。


ちなみにこちらはナチュラムさんの バス用ハードルアーの売れ筋ランキング です。
売れてるってことは、釣れてるってことかもしれません。
ご参考までに。



次に
ワームですが
ワームで
大事なことは底をとるってことです。
底をとるってのは今ワームが底にあるってことです。

ここがスタートです。
底を感じれるようになって
ワームが今浮いているのか底にあるのかが分かってきて
だんだん湖中がイメージ出来てくる様になる訳です。

当然シンカーがあった方が底を感じやすくなります。
素材はタングステン。
鉛より比重が重く、同じ重さでも小さくなり水の抵抗が減ります。
しかも高感度な為より一層底を感じられます。

また底を引くってことは根がかりの率が高くなります。
そこですり抜け抜群の
[テキサスリグ]になります。

上達してからもテキサスリグは
ラバージグでも厳しそうな
ハードなストラクチャに投げ込んだりと多用しますので
今のうちから慣れておきましょう。


で、シンカーですが
ゲーリーヤマモト社の

SUGOIシンカー

SUGOIシンカー


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


重さは8g。
これを基準にして使い、
例えばまだ根がかりするなと思えば
重さを軽くして根がかりを減らす。
風が強いなと思えば
重さを重くして風の影響を受けにくくするなど
重さを使い分けて下さい。
取りあえずは8gのみでも全然問題ないです。


で、お勧めのワームですが
バークレー社の

パワーホッグ 3インチ

パワーホッグ 3インチ


ナチュラムさんの詳細説明ページへ
パワーホッグ 4インチ

パワーホッグ 4インチ


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


私は4インチが好きなのですが
ちょっと大きいかなぁと思う人は3インチで。

他の社とは違った独特の匂いをしています。
居酒屋のおつまみっぽい匂いです。

底を這うイメージなのでエビ系をあげましたが、
エビがいないようなフィールドでは
違ったワームを使ってみたほうがよい結果がでるかもしれません。

パワーホッグはラバージグのトレーラーにも使えますし、
持っておいて損がないワームの一つといえます。

それとフック。

B−91 1/0

B−91 1/0


ナチュラムさんの詳細説明ページへ
WORM321 2/0

WORM321 2/0


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


これがないとバスが釣れませんので
忘れずに一緒に購入して下さい。


出来ればこのワームも買って下さい。
ゲーリーヤマモト社の

4インチグラブ

4インチグラブ


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


このワームは使い勝手がいい。
どの人のタックルにも必ずといって良いほど入っている
定番中の定番です。

水面をただ巻きしたり、
杭近くをフォールさせたり、
ウィード近くをズル引きしたり、
どんなシュチュエーションでも使えます。

このワームでいろいろ試してから
自分にあった方向へ進むのがよいでしょう。
例えばフォールさせる釣りが自分にあってると思えば
次はヤマセンコーのワッキーをやってみたりすればいいわけです。


でもって、ソフトルアーの売れ筋はこちら。




ロッドはといえば、
持ち運びを考えて
2ピースロッドをお勧めします。
釣りをしていて2ピースだからといって
1ピースと比べ違和感を感じるなんてことはありません。
収納や持ち運びを考えると2ピースにしたほうが断然にいいです。
収納や持ち運びに問題ないって方は1ピースでも問題ないです。

リールはスピニングを選ぶのでロッドも
スピニングタイプ。

テーパーはファースト。
ファーストというのはロッドの先端部分がしなやかなタイプです。
ルアーを繊細に操作するのに向いています。

パワーはライト。
4 〜 12lbのライン、2g 〜 14g のルアー向きです。

長さは6フィート2インチ。
オカッパリでもボートでも取り扱い易い長さです。

どうしてこのスペックかというと、
バス釣りを続けていると必ず新たなロッドが欲しくなります。
そして殆どの人が今度はベイトタイプが欲しくなります。
ベイトを買うとなると巻きもの系や重いルアー用に使うことになります。

では、今持っているスピニングはどうする?というと
ライトリグ用に使うことになると思います。
そういう理由でこのスペックになります。ライトリグ向きのスペックです

で、お勧めのロッドですが
メジャークラフト社の

DAY'S DS−622L

DAY'S DS−622L


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


一番最初に買うということは
これからのバス釣りで一番長く使うってことになります。
DAY'Sならば使いやすく長く使っていけるロッドです。


バスロッドの売れ筋ランキング も参考にしてみて下さい。
最初はバーサタイルなロッドがいろいろ出来ていいですよ。



リールはといえば、スピニングタイプ。
ベイトと比べ圧倒的にトラブルが少ないのが決め手です。
スピニングのほうがキャストもし易いですしね。
ルアーが着水すれば勝手にラインの出も止まります。

ベイトだとそうはいきません。
ルアーを変えるたびにブレーキを調整し、
ルアーが着水すればラインの出を止めなければいけない。
一番最初に使うリールとしてはちょっと向いてないですね。


品番は2000番。
8lbで150M巻けます。
スピニングであればこれだけ巻ければ十分すぎるほどです。

で、お勧めのリールは
シマノ社の

アルテグラ2000

アルテグラ2000


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


初、中級者向けのリールです。
シマノのドラグは優秀ですので細いラインでも安心して使用出来ます。


こちらがリールの売れ筋です。




ラインはトラブルが一番少ないナイロン。
今のナイロンは優秀ですのでフロロにひけをとりません。

で、お勧めのラインは
サンライン社の

マシンガンキャスト8lb

マシンガンキャスト8lb


ナチュラムさんの詳細説明ページへ


まずは8lbをお勧めします。
これを使いこんで下さい。
今後はこれを基準に考えて太さを調整して下さい。


以上で終了です。
ご参考にしていただきタックルをそろえて下さい。
そろえたら後はバス釣りに出かけるだけです。
思いっきり楽しんできて下さい!!


※ 画像下のリンクをクリックすると世界最大級の[アウトドア&フィッシング]オンラインショップ
  ナチュラムさんの詳細説明のページにジャンプします。

  〜 ナチュラムさんの特長 〜

  ● 迅速な発送体制で最短の場合、ご注文から24時間でお届け可能です。
  ● 配達日や時間を指定可能。現在の出荷状況をオンラインで
    ご確認いただける機能も装備しています。(@naturum会員様サービス)
  ● SSL対応にてオンラインによるクレジット番号を登録可能ながらも、
    下4桁の番号についてはデータベースに格納しないことによって、
    クレジット情報の流出事故を防ぐ配慮をしております。
  ● お支払はお好みの方法を選べます。
  ● ご返品も下記3つが可能です。
    1.商品に問題がある場合(不良品など)
    2.お客様のご都合での交換(色・サイズ変更,別の商品に交換希望など)
    3.お客様のご都合での返品(イメージ違いなど)



アウトドア&フィ
ッシング ナチュラム

ページ最上部へ