01月12日配信


[バスの件ですが。。]のバックナンバーはこちら!
http://bassken.sunnyday.jp/mail/backno.htm

+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
             バスの件ですが。。
      〜 おいら、今よりあと一匹増やしたいん 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

今年は
[小吉]でした。

おはよーございます。
[バスの件ですが。。]発行人 菊池です。
う〜ん、
中途半端な年になりそうです。

ちなみに
大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、
凶、小凶、半凶、末凶、大凶
てな順番だそーです。

[末小吉]なんて
もはや
良いのか悪いのか訳分かりません。。

さて今回は

【冬のブラックバスに挑戦】

冬のバス釣り。
日本に四季がある以上避けては通れない道ですね。
初心者にとっては大きな壁ですね。
寒いし釣れないし。。

苦難の道が目に浮かびますが
挑戦しがいはあります。
ケイン・コスギなら迷わずチャレンジします。

そんなケインな皆様の
少しでもお役に立てればとお送りいたします。


まずは[冬のバスはどんな状態?]

バスは環境の温度により自分の体温が変化する生き物ですので
冬の場合は生死境目状態です。

皆様ご存知かと思いますが低活性です。
つまりやる気ゼロ。喰いっ気ゼロ。
3連休の3日目みたいな状態です。
「え〜明日から会社かよ〜。」みたいな。やる気ゼロ。

血液の流れるスピードが遅くなるとでも思って下さい。
つまり細胞や脳みそに酸素が届くのが遅くなる。
消化が遅くなる。
反応が遅くなる。
動かなくなる。
たくさんの酸素、食料を必要としない。
つまり釣るのが難しいってことですね。

「寒いうえに釣り辛いんじゃ。。」
てコタツに逃げるバサーさんも多数いらっしゃいます。
これはこれでOKだと思いますよ。
せっかく楽しい趣味なのに
なんで辛い思いしなきゃいけないの?て思いますしね。


さて話を戻しまして
[じゃあバスは何処に居る?]
ってことですが、ぱっつり2通りに分かれます。

1つ目はディープです。
何故なら水温の変化が少ないから。

ディープでも
日当たりのよいワンド内のフラットエリアや
湧き水が出ているところなど
暖かい条件が多いところです。
そこにバスが溜まります。深夜のコンビニ前みたく。

こちらを狙うのが冬の王道です。
外角は流し打ちぐらい王道です。

2つ目はシャローです。
冬でも居残るデカバスがいます。

シャローでも
長い時間日が当たるところや
流れがないところやカバーがあるところ、
風が当らないところ。
条件が複合していればいる程よいです。
というか複合してないと駄目なぐらいです。
また天候の影響をモロに受けるので注意が必要です。

こちらを狙うのはギャンブルです。
当ればデカいが確立は低い。
ただでさえ釣り辛い冬に厳しい釣りを挑む。。
ボウズが続いてもへこたれない相当な精神力と
絶対釣れるという自信が必要ですので上級者向きでしょう。
ヨチヨチ歩きの私にはまだ早いっすねぇ。。


それでは[冬のフィールド選択]ですが、
初心者は何処が向いているんでしょう?

まずダム、湖など。
魚探を使って水深をとりつつ
湖底にストラクチャがあるところを狙っていく。。

私、魚探持ってませんが。。
私、魚探の見方、わかりませんが。。
しかもダム、湖って広すぎ。
寒い中探してられんわっ!

6m〜10mの水深で勝負ですよ。
きちんとルアーを動かせてるかさえ
初心者には厳しいっす。

つーか無理。やめやめ!
初心者が冬に一人で
挑むのには厳しすぎ。
暖かいシーズンに魚探に慣れてから挑みましょう。

上級者に連れてってもらうてのはありです。
魚探の使い方や
そのダム、湖で冬にバスがいる場所など
いろいろと教えてもらっちゃいましょう。
頼む!私にも教えてくれ!

なもんで初心者の場合
ダム、湖は切り捨てます。
ゆえに野池、河が初心者向きですかね。
ディープの水深もたかがしれていますし、
規模もたかがしれますし。

規模が小さければ初心者でも
冬のバスがいるであろうと思われるポイントを絞れますよね。
もし絞れてなくても
アヤシイと思ったことろを
全部探れるぐらいの規模ですし。

一番よいのは
[通いなれたフィールド]でしょう。
辛い戦いを挑むわけですから、
ノウハウを沢山持っているフィールドで勝負するのが
得策だと思われます。


以上のことをまとめますと
初心者が冬のブラックバスを釣り上げるには
[通いなれた野池、河などの
 暖かい条件があるディープのポイントを狙う。]

てことになります。

次回は、ルアーやアクションなんかについて
考えたいと思います。


+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
            発行人ひとりごと。。
          〜 いつもあいつに金メダル 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

連休で相模川にバス釣りに行ってきました。
上で[通いなれたフィールドへ行くべし!]と
言っときながら、初めての場所です。

海老名公園裏が有名なポイントらしいので
そこを目指しました。
まあ予想通り小一時間迷いましたが。。

ここ、フナの釣堀ですか。。。?

小さな野池っぽいのが数個あるのですが
フナ師がその野池に改良を加え釣堀状態。
おいらにゃ、フナ師の目の前に
ルアーをぶち込む勇気はないよ。。

釣果0。
ていうか
ルアー1投もせず。。
最近こんなんばっかだなぁ。。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行     :[バスの件ですが。。] の 菊池
Web    : http://bassken.sunnyday.jp/
Mail   : mailto:bassken@cn.sunnyday.jp
登録・解除
まぐまぐ  : http://www.mag2.com/m/0000142975.htm
melma!: http://www.melma.com/mag/33/m00127433/index_bn.html
メルマガ天国: http://melten.com/m/19686.html
※ 本メールはバス仲間への転送大歓迎です!
  ぐいぐいいったって下さい。
※ メールごみ箱直行だけはかんべんを。
※ 当メールにより生じる損害等について責任は負いません。
Copyright (C) 2004 バスの件ですが。。 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━











ページ最上部へ