10月12日配信


+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
             バスの件ですが。。
      〜 おいら、今よりあと一匹増やしたいん 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

遂に納車しました!


おはよーございます。
[バスの件ですが。。]釣客 菊池です。


待ちに待った納車ですっ!
これでやっと釣りに行けますっ!
この日をどんなに待ったかぁ!!


ただ気になるのが
5人乗りの車なんですけどね、
何故かドリンクホルダが8個装備されてんだよね。。

これは〜、あれだろ?
明らかな設計ミスってやつだろ?な今回のバス件は


【生命の神秘ってやつかい?】


何故あなたはバス釣りをするのか?

自分の読みが当った時の快感が。。
バスがバイトした時のあの興奮が。。
釣りの時のハプニングが。。


まぁ〜、理由は人それぞれです。
けどここでフっと思ふ。

楽しい理由はあれこれあるが
何で女性より男性のバサーの方が多いんだい?
別に男性に特化した面白みがあるわけでもあるまいし。

餌釣りっていうのなら
「餌が気持ち悪いし〜」
みたいな理由も考えられるのですけどね。


例えば、
もっと激しいスノーボード。

これはどちらかというと
肉体的に強い男性向きの趣味といえます。
なのに女性ボーダーの数も多いですよねぇ?


「う〜ん。。何でなんだろ?」
以前からただ漠然とそう思ってました。
そんな時、たまたま読んだ本に答えが!


その答えは。。


ほーるーもーんー!


ホルモンの違いなんだとさ。
テストステロンって名前なんだとさ。
テロンテロン。
男性はこいつのレベルが高いんだとさ。

こいつのレベルが高いと
仕事、目的、達成、名誉、使命が大好きで
結果を欲しがるそうな。
結果も求めるハンターにするそうな。
ターゲット、目的などを追い求める時に
この上なく気持ちが良くなるそうな。

つまり男性は
何かを追いかけている時や
結果を出している時が
さいこー!に気持ちが良くなるようになっているのです。

まさに釣りのことですね。
だから男性の方がバス釣りに無我夢中になるわけですね〜。
ん〜。命ってのは不思議なもんさ〜。


今後奥さんや彼女に「また釣り〜?」と言われたら

「生命だ。俺の男がそうさせるんだ。
 DNA。。そうDNAが俺を突き動かすんだ!」

と言えば納得してくれることでしょう。



ちなみに。。
このテストステロンの
レベルが一番高くなるのは早朝だそうです。
朝マズメ全開バリバリ!






+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
       発行人ひとりごと。。
     〜 いつもあいつに金メダル 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

裏ちなみに。。

朝一番の
違う全開バリバリもこの影響だってさ。



+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
      俺のバスを越えてゆけ!専。。
     〜 ハチさえいなきゃ釣りますよ 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

たっしーさん、35cm!
濃い目のカフェオーレからバスを引きずりだした!

ドロンパさん、50cm!
今年2本目!まだまだこれから!
http://bassken.sunnyday.jp/sanka/list/nishi/list.cgi?id=104&mode=show

ときおさん、45cm!
タバコの煙が目にしみらぁ!
http://bassken.sunnyday.jp/sanka/list/nishi/list.cgi?id=107&mode=show


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行     :[バスの件ですが。。] の 菊池
Web    : http://bassken.sunnyday.jp/
Mail   : mailto:bassken@cn.sunnyday.jp
登録・解除
まぐまぐ  : http://www.mag2.com/m/0000142975.htm
melma!: http://www.melma.com/mag/33/m00127433/index_bn.html
メルマガ天国: http://melten.com/m/19686.html
※ 本メールはバス仲間への転送大歓迎です!
  ぐいぐいいったって下さい。
※ メールごみ箱直行だけはかんべんを。
※ 当メールにより生じる損害等について責任は負いません。
Copyright (C) 2004 バスの件ですが。。 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━











ページ最上部へ