03月14日配信


+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
             バスの件ですが。。
      〜 おいら、今よりあと一匹増やしたいん 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

10日(土)も釣り行ってきましたよっ


おはよーございます。
[バスの件ですが。。]釣客 菊池です。


んが。
釣行記書く時間がない、体力がない。。
家で爆睡、電車で爆睡、会社で爆睡。
疲れピークや。タウリンを1000mg下さい。

書けたら書きますよ。
まぁ、張り切って書かないってことは釣果はアレですけどね。。
な今回のバス件は


【サスペンドシャッドの攻め方は2つのその2】


前回はカバーでのシャッドでした。
今回はもう一方の中層狙う釣り方。

春のサスペンドシャッドというと
こちらをイメージすることが多いと思います。


ジャーク、トゥイッチをいれて〜の、
止め〜の、
喰わせ〜の〜。

アピールして〜の、
バス寄せ〜の、
喰わせ〜の〜。


これは特に早春。
下の層に冷たい水が入って上の層が暖かい場合に
そのサーモクラインの上にバスが浮いている状態。

そいつを狙いの食わせ〜の〜。


広くスローに探していきましょう。
タダ巻き、トゥイッチ、ジャーク。
その日はどれに反応がいいのか分からないので
それぞれ試してみましょう。
数うちゃ当るべのジャニーズ作戦です。

バスが神経質になって
ラインの水切り音がよくないなぁって時は
リールの巻き方でアクションを加えましょう。


ステイさせる時間もいろいろ試しましょう。
もうラインなんかダラ〜ンでいいんです。
張っていたらそれはステイではないのです。
ダラ〜ンです。
ラインの動きに集中!です。



私の春のイメージでは
バスはベイトを強く意識しているため
カバー狙いよりも
こちらの方法が主流になると思ってます。
カバーを直に狙わなくとも
寄って来て喰うと思ってます。
急な冷え込みなどにより厳しい状況になった時はカバー狙い、
それ以外は中層狙い。こう思ってるわけです。

それを実戦してるんすけどね。。
釣果が伴わんわけですよ。。
ん〜、相変わらず説得力がないっ!






+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
       発行人ひとりごと。。
     〜 いつもあいつに金メダル 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

うちのヨメは三遊亭小遊三と北野誠の見極めが出来ない。



+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+
      俺のバスを越えてゆけ!専。。
     〜 ハチさえいなきゃ釣りますよ 〜
+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+

ゼンマイさん、クランクで2本追加!
順調にサイズアップっす!!
http://bassken.sunnyday.jp/sanka/list/higashi/list.cgi?id=17&mode=show
http://bassken.sunnyday.jp/sanka/list/higashi/list.cgi?id=18&mode=show

Q太野郎さん、45cm!!
夕マズメ粘り勝ち!
http://bassken.sunnyday.jp/sanka/list/nishi/list.cgi?id=134&mode=show

ときおさん!38cm!!
ラインブレイクが痛かったですね〜!
http://bassken.sunnyday.jp/sanka/list/nishi/list.cgi?id=136&mode=show



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行     :[バスの件ですが。。] の 菊池
Web    : http://bassken.sunnyday.jp/
Mail   : mailto:bassken@cn.sunnyday.jp
登録・解除
まぐまぐ  : http://www.mag2.com/m/0000142975.htm
melma!: http://www.melma.com/mag/33/m00127433/index_bn.html
メルマガ天国: http://melten.com/m/19686.html
※ 本メールはバス仲間への転送大歓迎です!
  ぐいぐいいったって下さい。
※ メールごみ箱直行だけはかんべんを。
※ 当メールにより生じる損害等について責任は負いません。
Copyright (C) 2004 バスの件ですが。。 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━











ページ最上部へ