【スピナーベイト】 水中姿勢について その2


クリスタルSの素晴らしさは
前回でわかっていただけたかと思います。


・これからスピナベを始めてみよう
・どのスピナベがいいかってこだわらない
・クリスタルS良さそうじゃん

こんな方は是非クリスタルSを使ってみて下さい。

スピナベはどれも大体値段は一緒なので
それならばクリスタルSを。



・そんなこと言われても、俺はこのスピナベが好きだ!
・モリゾーが好きさ!
・もうスピナベ持ってるじぇ。新たに買う気はねぇ!
・クリスタルSのスカートを止めているゴム太くないか!?

こんな方はどうするか?
フッキングのしづらさは我慢するか?


そもそも何故フッキングがしづらいか思い出して下さい。
そう、
ブレードが水の抵抗で後方に引っ張られ
アッパーアームが水平になる
からでしたね。

つまりそこから導かれる答えは
ブレードの水の抵抗を減らせば水平にはならないってことですね。
つまりフッキングし易くなると。
奴のアゴにガッツリいれられると。



では、どうやればブレードへの水の抵抗を減らせるか?



まずは
[ ゆっくりめにリトリーブする ]


ブレードに当る水のスピードを遅くするわけです。
それにより抵抗を減らすわけですね。
ただしブレードが回らなければ元も子もないので
ゆっくり過ぎないように。
理想はフッキングがし易い角度の最高速度です。




つぎに
[ ブレードを小さくする ]


水を受けるブレードそのものを小さくし
抵抗を減らすわけですね。
ブレードのサイズそのものを小さく変更してもいいですし
コロラドタイプよりウィロータイプを使用すると。
コロラドってのは丸っこいブレード。
ウィローってのは細長い葉っぱみたいなブレードです。



最後に
[ スカートの抵抗を増やす ]


逆転の発想ってやつですね。
ブレードの抵抗を減らすのではなく
逆にヘッドの方の抵抗を増やしてやれと。
つまりラバーを追加しスカートを増量するのです。
毛深くするのです。



これでフッキングに関しては
だいぶ改善されると思います。
是非お試しあれ。


ページ最上部へ