10月01日 相模湖 


相模湖

前回に引き続き今回も相模湖。
眠いので一番近いとこってことで。

バサーは私と
釣行記には初めて登場しますが一番私と釣りに行っているKC。
釣行記を書くようになる前に
あまりにも今年の前半戦で2人でボウズ連続したため
へこんでしまい釣りに行ってくれなかったのでした。


目的地到着。
私睡眠3時間30分。
KC2時間。
既にぐったりモードです。


今日もお世話になるボート屋さんは小川亭。
お、釣り人多いけど殆どワカサギだねぇ。


今回もまずは青田ワンド。
「1匹釣りたきゃ青田ワンドへ行け!」
と昔からよく聞くのですが
2人してここでは釣れたことないんですよね。。

KC:ピーナッツ
私:D−ZONE


ちなみに彼はダイワのピーナッツを溺愛している。
ハードルアーではピーナッツでしか釣ったことはない。


めぼしいポイントにキャストを開始する。
もうすっかり秋ですねぇ。
息白いよ。。
水面から湯気出てるよ。。
ナンダイこの寒さは!

ひなたぼっこ

めぼしいポイントというよりは
自分達が日のあたるポイントばかりをまわる。
日向ぼっこのありがたみがわかるお年頃さ。

青田ワンドは風直撃の為、寒さに耐えれなくなったので
赤沢ワンドへ移動。


KC:ピーナッツ&スライダー(1/16スプリットショット)
私:D−ZONE&2.5インチ バレット(ジグヘッドワッキー)


前回の相模湖で小バスに啄ばまれるだけだったので
今回は飲み込むまでいたるような小さめのワーム、
少しでもフッキングしやすいように針先が出たまんまのワッキーで挑む。

釣りたい必死さ丸出しですよ。
ええ、必死なんですよっ!


何箇所かキャストするが反応がない。
んー、バスが居なきゃ必死さも意味ないんだよねぇ。。


ココン、コン。


また木にシンカーが当ってるかな?
少し強めにロッドをシャクる。


ググッ!


ありゃ?生命の鼓動が伝わってくるじぇ!!
「きたぞぅ、KC!」
ラインを巻き取る。水面に現れる魚体。


「ちっさぁ!」


10数センチだろうか。まあバスはバスなのさ。
リグが正解だったってことでOK!

あっ。。

バシャバシャ水面で暴れる小バス。
急にロッドから鼓動が消える。。
水中に消えていく魚影。
バラシ。。けどあんまショックは無いねぇ。
大きさが大きさだからかなぁ。



朝早い時間でバスの反応が得られたので
少し気持ちに余裕がでる。

「KC君釣れたかい?
まあ俺はバラシたけどアタリあったから。
先に朝ご飯でもいただくよ。」
10数センチのバスしかもバラシたのだが
思いっきり上目線からの話し方。

さーてと朝飯朝飯っと。
リュックを開けコンビニで買ったオニギリを探す。
ぽっかりと空いたリュックのくち。
おんやぁ?リュックの中がスッカスカですぞぉ?


あ、車に食料全て置いてきちゃった。。


ヒザから崩れ落ちる私。
いったん出航すると面倒だからボート屋に戻らないんですよね。
私だけ朝昼飯、飲み物無しの釣りということが現時点で決定致しました。
ええ、強制ですよ。自業自得っすよ。
意地でもオスソワケなんかいただきませんよっ!
バス釣ったら喰ってやらあ!!



本湖での反応がイマイチなため相模川へ移動。
う〜、腹が空いていると寒さがより染みてくらぁ。

川に入ってすぐぐらいのブッシュから開始。


KC:ピーナッツ
私:HPFクランク&スラッゴー(1/16スプリットショット)


相模湖ではレギュラー入りするHPFクランク。
ボディの肉厚を約40%薄く軽量化し
ウェイトを一点にすることでウォブリングとローリングのアクションも高め
厚さ0.6mmという超薄型後付けリップという
いかにも釣れそうなルアーなもんで
根がかりを恐れてボートの時ぐらいしかレギュラー入りさせましぇん。


ブッシュに沿うようにルアーを引く。
アタリはない。チェイスもない。
一箇所ブッシュが奥にヘコんでいる部分がある。
打とうかなと思っていると先にKCが打ち込む。

リールを2、3回巻いた瞬間。
ロッドの先を一気に天に向ける。


「きたー!」


興奮し思わず叫ぶKC。
危なげなく釣り上げる。
10数センチの子バス。
フックを外すのに手こずったので
サイズは測らずリリース。写真もなし。


必死

必死にフックを外すKC。
基本的に彼はぶきっちょです。

「いやぁ、釣れたねぇ〜。
動いたらお腹減っちゃった。ご飯でも食べるかぁ。
あれ?菊池は?食べないの?
うぬぬ。ウワテでやがる。


一休みしてポイント移動。
何箇所か攻めて反応なし。
前回ワームでつれたポイントへ。

ブッシュに沿うようにKCがピーナッツを引く。


「釣れたー!」


釣れマスタ

しなるロッド。先程よりかは大きそうだ。
お、その後ろをさらにバスが2匹ぐらい追っているぞ!
KCがバスと格闘している途中オコボレを狙ってキャスト。
う〜ん完璧なまでの無視ですなぁ。。
私だけ蚊帳の外ですなぁ。。
バス釣りってこんなに孤独でしたっけ?


バスを釣り上げた。
20数センチぐらいか?
これまたフックを外すのに手こずったので
サイズは測らずリリース。
写真はかろうじてパチリ。


必死

必死にフックを外すKC。
しつこいようですが基本的に彼はぶきっちょです。

「いやぁ、2匹目よ。
またお腹減っちゃった。さっきの残り食べるかぁ。
あれ?菊池はもう食べたの?」」
うぬぬ。ひっぱりやがるな。


その後気持ちもお腹も満腹になったKCは睡眠。
1人ひたすらポイントをまわり粘るが反応なし。
ついにギブアップ。


ぐらでぃうす

ボートを引くボート屋のおじちゃん
何となくグラディウス(オプション付)を思い出したので。


【今回の教訓】

自信のあるルアーがあるってのは強いねぇ。





ページ最上部へ