10月09日 小貝川 


不幸な私

これは10月9日に一番不幸だった男の物語である。。


何度も天気図をにらめつけ
「おし、こんぐらいなら明日釣り行けるだろぅ!」
と、半ば強引に不安な心を押さえつけ小貝川へ。


現地着
ドシャブリ。


ま。。まあねっ。
ある程度予想はしていたからね。雨ってのは。

カッパを着込み河辺に向かう。


川好きだし、小貝川は前回釣れたし。
今日も釣れちゃうんじゃん!?
ちょっとテンション高めです。



!?



何ですか?
この水量は!?
前回来た時の1/4も無いじゃん!!!??

超減水状態。
申し訳ない程度にしか水が無い。。



オ、オナラのみ!?

便意をもよおし何とかトイレまでたどり着き
いざ出すぞうと踏ん張ったら

「ぷっすぅ〜〜」

とオナラだった時の虚無感。
あれと今同じ気持ちだ。。


※家に帰ってから調べたのだが、9月に大幅に減水させるっぽいです。

わざわざ早起きし
2時間以上かけて来たってのにこのままでは帰れない。
とりあえず開始する。



水をチェック。
うわ、激濁ってる。。
水が少ないから雨の影響をモロに受けてるって感じです。

まだ薄暗いし濁ってるということで
波動でアピールしていきましょう。
んーー、クランクで。


ミッドワート

何回かキャストする。
予想通り水深も浅い。

う〜ん、ミッドじゃ底にあたりすぎるなぁ。。
変えるかなぁ。

そう思っていた矢先にネガかった。。



けど動じませんよ。
私には奴がありますから。


出動!レスキューロボ!


慣れた手つきでレスキューロボを発射する。
ルアーに1回で到達。
レスキューロボにつけたラインを引っ張る。

お、重めの手ごたえですなぁ。
ふっ、無駄な抵抗を。
みんなの元気を分けてくれ!うおりゃぁー!


手ごたえが軽くなる。
そう軽く。
レスキューロボの重ささへ感じないぐらいに。。


レスキューロボにつけたラインの結び目ホドケっちった。。


ロスト
・ミッドワート
・レスキューロボ



バイバイ、レスキュー。。

レスキューロボはね、星になったのさ。。




何事もなかったかのように再開。
う〜ん、次はルアーどうしようかなぁ。。
おし、前回ここで釣ったルアーだ。

・D−ZONE(1/2)

やっぱコイツでしょ!?
水深ないから着水直後から巻き始めて
ロッドは立ててと。。

そりゃキャスト。

「パシャン」

おりゃリトリーブ。

「ガツン」


一巻き目からネガカリっすか。。


ロスト
・D−ZONE(1/2)



バイバイ、D−ZONE。。

D−ZONEはね、僕らの心の中で生きているのさ。。




次のルアーどうすんのさぁ?
もう水面ぐらいしか残ってないかぁ?


サブワート


とりあえずはポイント移動すっか。
しかし泥だらけで歩き辛いねぇ。
アスファルト歩くかなぁ。

アスファルトの斜めの壁を発見しそちらに向かう。
一足乗っけると


にゅるん。


泥 + アスファルト = すべりまくり


何十年ぶりにコケたね

ここでニュースです。
今日明け方31歳男性が小貝川で転倒致しました。
ロッドを守る為肩を強打した模様です。


ロスト
・やる気



けど、けど、手ぶらでは帰りたくないんだぁ!
続けるゾウ!



がんがんルアーチェンジその後続ける。
水深が浅いので
バスが動くと水面の波で分かるのだが

クモの子を散らす。

スピナベを巻く → 逃げる
クランクを巻く →
逃げる
ミノーを巻く →
逃げる
ワームをズル引く →
逃げる

こっちはねー森林に来た恋人じゃないんだよ!!
「つかまえてみてー!」
「こっいつぅー!まてまてー!」
じゃないんだよ!!


そうしてる間にもロスト

・SR−MINI(1/4)
・ハイピッチャー(3/8)



もうやってらんない。帰る。
全身雨でびちゃびちゃですよ。

帰り道首都高当然渋滞。
寒いよ靴下もびちゃびちゃだから寒いよ。。


やっと家に到着。
服とリュックを洗濯機に入れて開始ボタンON!
その間にあったか〜いシャワー浴びましょ。


ガツッ、ガツッ、ガツッ。


洗濯機が回り始めると
何やら固いものがぶつかる音が。。

バックアップなど無いさ。。

あ!携帯電話。。。。。。。。。。。。。。



【今回の教訓】

涙が止まらない夜もある。





ページ最上部へ