外来生物法とは


外来生物法が制定されて以来
私が「バス釣りをしている」と言うとよくこんなことを言われます。

「ああ、在来種を食い尽くすから規制かかったよね。」
「え!?バス釣りって法律違反じゃないの?」
「釣ったら殺さなきゃならないんでしょ?」


こういう反応でイラっとしちゃいけませんよ。
正直、バス釣りしない方の認識はこんなもんだと思いますけどね。
興味ないですからね。
私も卓球興味ないですから
かけ声が「やー」でも「さー」でもどっちでもいいんす。

記事などでも「外来生物法について」というより
「バスは駆除すべき」的なものが多かったですしね。
バス釣りしない人がそういった記事を目にすれば
自然と先ほどのような反応になると思います。

ただ、やっぱこのままじゃいけないと思うんですよ。
そこでバサーが出来ることといえば
「いえいえ、違うんですよ。」
と訂正し正しく教えてあげることぐらいなのかなと思います。
チリも積もれば山となるのです。
何なら「外来生物法はこうじゃ!」とこのメールを転送してやっておくんなまし。



さて訂正するからには
きちんと外来生物法について知っておかなければなりません。
バス釣りをするものとして自分の為にも知っておくべきだと思います。
違反したら最高で懲役3年以下、もしくは300万円以下の罰金が科せられますしね。

その外来生物法とは
元々その地域に居なかったが他の地域から持ち込まれた生物のうち、
生態系や人間の生命、農林水産業に悪影響を与えているものを特定外来生物として指定し
規制をかけるものです。

ここで勘違いしがちですが
この法律はバス釣り自体を規制するものではありません。
ただし釣った後のバスの扱い、それに規制がかかります。

例えばそのフィールドから持ち出すことは禁止とされてます。
持ち出さないキャッチ&リリースは規則外なので問題ありません。
この法律では規制されてませんが
自治体の条例などによりキャッチ&リリースを禁止している場合があります。


まとめると外来生物法に関係するバサーがしてはいけないことは
以下のようになります。

持ち出し ・持ち出し
 (キャッチ&リリースはOKだが、釣った本人がリリースすること)


持ち出し ・売り買い
 (許可を受けている者が許可を受けている者への販売はOK)


持ち出し ・飼育
 (学術研究目的ならOK)


持ち出し ・受け渡し
 (トーナメントで検量を行う場合は本人の立会いが必要)


持ち出し ・輸入



これで外来生物法は完璧ですね。
皆さんでじわりじわりとチリを積み上げていきましょー!


ページ最上部へ