リールメンテナンス


メンテナンスと聞いてまず頭に浮かぶ理由は
[壊れないようにする為]じゃありませんか?

間違いではありませんが
一番大事な理由は
[常に最大限の性能を発揮する為]です。

スプールの回転だったり、ドラグ性能だったり。
メンテナンスを怠れば
例えば、いくら[よくルアーが飛びます]を
売り文句にしているリールであっても
キャスト時の最大飛距離はどんどん減少していきます。

いきなり飛ばなくなる訳じゃなく
徐々に飛ばなくなっていくから気付きづらいです。
もしかするとそのリールももっと飛ぶはずかもしれませんよ?

岸釣りの時に
「あと数10CM奥にキャストしたいんだけどなぁ。
届かないなぁ。」
て思いをしたことはないですか?
きちんとメンテナンスしていれば届いていたかもしれません。

その数10CMで釣れたり釣れなかったりすることがあります。
[今よりもう1匹多く釣る]というのは
そういう可能性のパーセントの積み重ねから
発生するものです。

バス釣りの上手さは関係なく
ただメンテナンスするだけでそのパーセントがあがる。
こんなに簡単なことは無いですよね!


● オイルについて

メンテナンスに使用するオイルですが純正オイルでも十分なのですが
どうせなら高性能のオイルを使ってみませんか?
飛距離、高回転、そして感度までもが変わります!
試してみる価値はありますよ!?

下記のオイルが高性能オイルの定番中の定番です。
こちらから選べば間違いないでしょう。

※ リンクをクリックすると世界最大級の[アウトドア&フィッシング]オンラインショップ
  ナチュラムさんの詳細説明のページにジャンプします。

  〜 ナチュラムさんの特長 〜

  ● 迅速な発送体制で最短の場合、ご注文から24時間でお届け可能です。
  ● 配達日や時間を指定可能。現在の出荷状況をオンラインで
    ご確認いただける機能も装備しています。(@naturum会員様サービス)
  ● SSL対応にてオンラインによるクレジット番号を登録可能ながらも、
    下4桁の番号についてはデータベースに格納しないことによって、
    クレジット情報の流出事故を防ぐ配慮をしております。
  ● お支払はお好みの方法を選べます。
  ● ご返品も下記3つが可能です。
    1.商品に問題がある場合(不良品など)
    2.お客様のご都合での交換(色・サイズ変更,別の商品に交換希望など)
    3.お客様のご都合での返品(イメージ違いなど)

ZPI F−0(FrictionZero)

フジヤマ Spin

フジヤマ Spin スプレー




● ベイトリール(マグネットブレーキ)

その@

まずはプレートを開けましょう。

コインなどでブレーキ調整ダイヤルの内側にあるネジを

回すタイプが一般的です。

別にネジがついているタイプもありますよ。



そのA

プレートをひねるように回すとプレートがぺろりと外れます。

プレートと反対側にスプールがあるので

落とさないように注意して下さいね。



そのB

軸をつかんでスプールを抜き出します。

落とさないように、傷つけないように

そーっと、そーっとですよ。



そのC

軸の部分をキレイキレイに拭きましょう。

拭いた後はオイルをスプレーしましょう。

オイル付け過ぎでも駄目ですので適度に。

付け過ぎたら拭いておきましょう。



そのD

マグネットの中央部分にもボールベアリングがあります。

ここにもオイルをプスっとさしましょう。





そのE

ハンドルの回転が気になる方は

ここのネジにもオイルをプスッとね。



そのF

ラインを通すレベルワインド、レベルワインドを動かすクロスギア、

ここをキレイに清掃しましょう。細かいので綿棒が便利です。

レベルワインドには、できればグリスをさしましょう。

後はボディ全体の清掃をして組み立てればメンテナンス終了です。



● スピニングリール

その@

まずはドラグノブを根気よく回して取り外しましょう。

ぐるぐるぐるぐるぐる。



そのA

次にスプールを抜き取りましょう。

この時に違和感があった場合、軸が曲がってる可能性があります。

もし曲がっていたら致命的です。。



そのB

マイナスドライバなどでネジを外しましょう。

ぐるぐるぐるぐるぐる。

ネジが外れたらその穴からスプレーをシュッ!



そのC

ローラーと軸をキレイキレイに清掃します。

清掃が終わったらスプレーをシュッ!

軸は出来ればグリスでね。



そのD

ハンドルが気になる方はここにもシュッ!

後はボディ全体の清掃をして組み立てればメンテナンス終了です。

お疲れ様でした。。



ページ最上部へ