2014/02/11

 REVO LTをチューンしてみよう。


ベイトフィネス機として優秀かつ、
実売が2万円を切るという低価格な
アブガルシア アンバサダー REVO LT

が、しかーし!!
購入したそのままの状態では少々難ありという
「俺、本気だしたら凄いんすよ?」
というタイプのリールなのですよ。
購入時からやる気出してくださいよっつーの。

ということで、お尻を引っ叩いてやる気を出させます。

まずは
ネオジムチューン

ネオジムってのは強い磁力をもつ磁石です。
これがマグネットブレーキに採用されているのですが
ミニマム側に近いと効きが異様に弱く、マックス側に近くなると急に効いてくるという
なんともまぁ、
デヴィ婦人ばりに扱いづらくなっとるのです。

これをちゃんとミニマム側では弱く効いて
ブレーキダイヤルにあわせてブレーキ力が一定にあがるようにしましょうよってのが
ネオジムチューンでございます。

つまり、普通に使えるブレーキにしようぜという。。
それ、チューンか?
修理っていうんじゃないか?


で、きちんとチューンしたい!
お金はあるのだよ、お金は!て人は ZPI プロスペックマグチューンキットを購入してください。

ちょびっとお金はあるのだよ!って人は お店からネオジムを購入してください。

お、お、お金はあるんだからね!けど、とくかくお安くしたいの!って人は
ダイソーをラン&ガンしてこれを購入してください。



これにネオジムが使われているのですが
その大きさが直径5mmでREVOで使われているネオジムと同サイズ。
まさにREVOのために生まれてきたネオジムですな。
宿命ですよ、宿命。


で、このマグネットのプラスチック部分の端っこに
ニッパー等でちょびっと割れ目を入れると
プラスチックが真っ二つに弾け飛びます。
「あべし!!」ぐらいな勢いで。

私はそれでネオジム付いた方がどっかにすっ飛んで無くしました。
家のどっかの鉄にでも張り付いていることでしょう。。

なので、破片が飛んでも大丈夫なようにビニール袋のなかで作業してください。
プラスチックを破壊してネオジムのみを取り出します。


で、REVOのプレートのネオジムを外します。

全部で5個付いているのですが
人それぞれブレーキの効き具合の好みってのがあるので
これを全部変えてもよし
3個変えてもよし
2個変えてもよし
なのです。

「チェンジ!」と自分好みが来るまでいろいろと付け替えてみてください。

とりあえず、私は3個交換してみます。


接着剤などは使われてなくてただ単に磁力で張り付いているだけなので
ドライバー等を隙間に差し込んで持ち上げれば外れます。


そこにダイソーのネオジムをはめ込むだけ。
N極が上になるようにはめ込んだ隣は
S極が上になるようにと交互にはめ込むそーです。


はい、できあがり〜。
簡単ですよ。鼻歌交じりですよ。
ドナドナを歌わなくて大丈夫ですよ。


で、純正は高さが1.5mm、ダイソーが2.0mmなので
横から見るとデコボコになります。


で、ブレーキダイヤルをマックスまで閉めこむと
この2.0mmの方がスプールにぶつかるらしい。
が、個体差があってぶつからないREVOのもあるらしい。
どこまで自由なんだい、REVOは。。
ネプチューンのホリケンか!



で、次が
ベアリングチューン
つーか、ベアリング交換。

スプール支えるベアリングの交換です。
純正のベアリングの精度が悪いそうで。。
何かもう、慣れてきた。
むしろもう、そうじゃない普通の部分ってないんじゃないの?って感じ。


ベアリング交換手順は以前に書きましたんでこちらを参考にしてください。
REVOもスプールシャフトピンのタイプなのでスプールベアリングリムーバーが必要です。




で、最後が
ソフトクラッチチューン

もうね、クラッチを押し下げるのが硬いこと硬いこと。。
「何?親指を強化するプロジェクトが秘密裏に進められてるの?」ってぐらい硬い。

なので、こちらをもうちょっと軽くしましょーよってわけです。


これは今までと違って面倒。
だいぶリールも分解するので、それなりのリスクもあるので覚悟も必要。
結論としては「親指を鍛えろ!」ですが、まぁ挑戦しました。


一気にいくぞー!

サイドプレートを取り外して
スプールを取り外して
ハンドルナットをとめてるプレートをとめてるネジ外して
ハンドルナットをとめてるプレートを取り外して
ハンドルナットを外して(逆ねじだったかも)
ハンドルを取り外して
スタードラグを外して(逆ねじだったかも)
ワッシャーとかあったっけ?あったら取り外して
スプール側のネジ2本だっけ?外して
ハンドル側のネジ2本だっけ?外して
プレート外して。。

ふぅ、ここまできました。


で、ギアとかがオイルまみれなのですよ。
ボディービルダーが裸足で逃げ出すくらいのオイルっぷり。

本当ならこれらを全て脱脂してオイルなりグリスなりを塗り直すのですが、
まぁー面倒なのでボディービルダーのままで。

オイルにまみれつつ外していきます。
ギア外してぇ〜


黒いプラスチック外してぇ〜


で、これ。このバネ。
これが開きすぎなのでラッチがカッチカチなのですよ。


なので、ペンチでこっち側にグイグイグイっと。



最初の開き具合を定規で測っといて、そこから3mm〜5mmぐらい内側に。
まぁ、これもクラッチの硬さの好みなので、お好きな感じで。



あとは組み立てておしまい。
これでやっとこさ、「俺、本気だしたら凄いんすよ?」状態。

まぁ最低、ネオジムチューンだけやってください。
100円ですし、簡単ですし。
それ以上の効果はありますんで〜。

アブガルシア アンバサダー REVO LT


ページ最上部へ