ワームの基本


ブラックバス釣りをはじめて誰もが通過する疑問。

[ワームってどうやって操作すればいいの?]


私も当然この疑問にぶつかりました。

ワームを使っている周りのバサーをチラ見しても

リールを巻くわけでもないし

キャスト後動かないし

なにやらロッドでへこへこ始めるし

何やってんの?って感じでした。

私と同じ道を辿らないように

まずはこのページをチラ見してからワームを始めましょう!

ここではワーム初心者さんへ

ワームの基本、操作、アタリのとりかたなどなどを紹介します。



ワームの操作の基本となるのは、まず[ボトムをとる]ということ。

つまりワームをキャストして〜

しばらくして〜

着底した!ということが

わかるようにならなければなりません。

これは絶対覚えなければならないです。

[サッカーでは手を使っちゃダメよん]ぐらい基本中の基本となります。


しかしワームはハードルアーのように

手元にしっかりとした手応えがきません。


では、何で確認するか?


それはライン。

ラインの動きで

[まだワームが落ちている途中]か[今、着底した]を

感知することになります。



ワームが落ちている途中。

つまり言い換えれば

[ワームがラインを引っ張りながら動いている]ということになります。

いくらワームが軽かろうが動いている(落下している)ので

ラインにテンションがかかる(ラインが張った状態)ことになります。

ラインがピンとなるほどは強く引っ張っていかないので多少山なりですが

それでもラインにテンションがかかります。


まだ落下中 イメージとしては左図のような感じになります。

山なりだけどテンションがかかっています。



そして着底。

着底と同時にラインを引っ張るチカラがなくなるためラインが緩みます。

[緊張の糸が解けた]とはまさにこのこと!っていうぐらい

フッっとラインが緩みます。


着底したよ イメージとしては左図のような感じになります。

ラインのチカラ抜けまくりです。



着底するまで そして[キャスト→着水→落下→着底]までの一連の動きが

こちらの図のようになります。



これがわかるようになるまで練習をして下さい。

・水深が深い所ですと着底まで長くなり飽きるので比較的浅い所

・風があるとラインが揺られ違いが分かり辛くなるので風が当らない所

・水の流れがあるとワームが流されテンションかかりっぱなしになるので流れのない所

・日光があたると水面が反射してラインが見辛くなるので影の所

このような場所を探して練習をしてみてください。



次にワームの基本となるのが[ボトムを感じる]ということ。

つまり水底に障害物があるなどの情報を感じるということです。

その情報を活かして次の攻め手を考えたりします。


そこでボトムを感じるということが一番わかりやすい

[ズル引き]を覚える必要があります。

ワームを底を這わせて動かすという操作です。


牛歩です。ホフク前進です。ガンタンクです。


ズル引きはリールを巻くのではなく

ロッドを動かしてワームをずるずる引きます。


送りバント 左図のように野球のバントのようにロッドを構え



引いちゃいます そのまま平行にゆっく〜り引きます。

プッシュバントじゃなくプルバントですね。



で、最初の位置までロッドを戻しその時にリールを巻いて

ロッドを引いた分だけのラインを巻き取ります。

これの繰り返しです。


簡単です。

あとは底の障害物を感知出来るようなればOKです。

経験を積むと「あ、これ岩」とか「あ、ウィード」とか

底にあるものが何かまでわかるようになります。

とりあえずは「ここに何かがある」ということが分かれば大丈夫です。

私なんか「ここに何かがある!。。の?」て状態です。


次の基本は[ラインを緩める]ということ。

そりゃズル引いている瞬間などはワームを引っ張ているわけですから

ラインが張った状態になります。

それはOKです。


それ以外の時はラインは山なりの状態でかまいません。

というか、緩めて下さい。

張った状態と緩んだ状態では

圧倒的に緩んだ状態の方がブラックバスが喰いつきます。



「けど緩んでいたらバスのアタリわからないのでは?」

大丈夫です。わかります。アタリの取り方は後ほど説明致します。

「けど緩んでいたらアワセる前に吐き出されるのでは?」

大丈夫です。余裕でアワセられるぐらいワームを吐き出しません。

だから緩めて下さい。

お風呂入った瞬間ぐらいの揺るみっぷりですよ。



では[アタリの取り方の基本]です。

ライン緩めていた時のアタリ。

それはラインで感知します。

バスはワームを咥えると泳ぎだします。

「わーい!わーい!餌げっつ!」とハシャグからです。


それまで緩んでいたラインが

突然命が吹き込まれたように走り出します。

ツーって走り出します。


きたぁ! この図のように走り出します。



この瞬間をまってましたと

ラインの緩みをリールで巻きつつ大きくアワセればOKです。

ぐっどなバスを1匹がっさりいけます。



次にズル引いていた時のアタリ。

こちらはラインを張ってますので手応えでわかります。

ググッ、グググッなんてモロわかりの場合は

これまた大きくアワセていただければ、がっさりです。


[ネガカリなの?アタリなの?]と判別に迷う時があります。

その場合はティップに注目です。

確認中 まずはアタリかな?という時に動かしていた手を止めます。

ネガカリならばティップはその位置よりさらに引き込まれることはありません。



これバスよん バスならば走り出しますのでさらに引き込まれます。



この違いで判断することになります。

まぁ、疑わしきは全部アワセちゃって下さい。



最後ですが[基本のワーム]

これはもうゲーリーヤマモト 4インチグラブです。

誰が何と言おうと私はこれをオススメします。

最初のワームはこれを買って下さい。


ゲーリーヤマモトさん家のワームは

素材(マテリアル)が素晴らしいので千切れにくいのです。

初心者にはこれが大事。

そもそもワームに慣れないうちは

フックにセットするにもうまくいかないので何回も刺しなおします。

これですぐにズタズタになってしまっていては

あっつーまにワームが無くなってしまうのです。

また4インチグラブはある程度太さもあり

フックセットしやすいってのもありがたいのです。


それに重さもあり飛距離が出ます。


さらに、全国どこの釣具屋でもほぼ100%置いてあり

何処ででも手に入るってのがスンバらしいのです。


いたれりつくせりです。

しかも良く釣れるんだよ、これが。



さあ、もうワームで心配なことはなくなりました。

4インチグラブかかえてフィールドに出かけましょう!



ページ最上部へ