ジグヘッドでローリングさせるセット方法


ジグヘッドでワームをセットし[ただ巻き]で使用する場合ですが、
ワームにもよりますがローリングという動きをします。

ローリングとはワームが左に右に振り子のように揺れる動きのことです。



さてこのローリング、ジグヘッドのセット仕方次第で
大きく揺れたり、小さく揺れたりします。

バスの活性が高いならローリングを大きく、
バスの活性が低いならローリングを小さく、
このように意識して使い分けが出来るのです。

意識して使い分けて釣れたら
また喜びも違ったものとなるでしょう。

「リグのセッティングまで細かく使い分けてる。。
 俺って上級者じゃん!?」
的な気分も味わえます。



セットの方法ですがいたって簡単です。

ワームの表面近くを通してフックをセットすると
ローリングが大きくなります。


表面近く
上図のような感じです。

あまりにも表面近くですと
キャスト時などにワームが裂けてワームのみブッ飛んで行き
ジグヘッドのみの悲しい生還となりますんでご注意を。

ローリング大
ワームを正面から見た図です。
イメージとしてはこんな感じで大胆ローリングです。
ピエロの顔みたいな図ですがローリング大です


中心
ワームの中心近くを通してフックをセットすると
ローリングが小さくなります。

ローリング小
ワームを正面から見た図です。
イメージとしてはこんな感じで控えめローリングです。
宇宙人の顔みたいな図ですがローリング小です。


さあ!フィールドで試してみましょー!!


ページ最上部へ