ジグヘッドでウォブルせるセット方法


シャッドテールワームのジグヘッド。


このようなシャッドテールなワームを
スイムセンコー

ナチュラムさんの詳細説明ページへ


ジグヘッドにセットする。ただこれだけです。


これをタダ巻きすればテールがテロテロとバスにアピール。
バスが小魚を意識している時などに特に有効なリグですね。

ハードベイトを追うほど元気じゃないなぁという時に投入し、
とたんにアタリが入ってくるなんてこともあります。
私もこれに結構助けられました。
私の場合はアタリが入ってもバラシますけどね。。


で、いつものごとく
ジグヘッド&シャッドテールを使ってました。

尻尾をプルプル。
バスにアピールぷるぷる。
無視されようがプルプル。
一人寂しくぷるぷる。


う〜ん。。もうちょっとアピール力が欲しいねぇ。。
ハードベイトほどのアピール力は欲しくないが、
もう少し広範囲に伝わる程度に波動が強くならないかな。。?

無風などで湖面が静かなら尻尾のみのアクション程度でいいのですが、
多少波などが出てくると尻尾のアクションだけでは
「バスに波動が届いているかぁ?」と疑問に思うことがあります。
となれば尻尾だけではなく、ボディ全体でアクション必要があります。



ジグヘッドではシャンク部分がワームの背骨と考えられますよね。
ようはこれがワームを固定しアクションを抑える要素になるわけです。


つまりアクションを抑えてみたければ
シャンクが長いジグヘッドを使いウォブリング小。
シャンクながっ


最大限近くアクションさせたければ
シャンクが短いジグヘッドを使いウォブリング大。
シャンクみじかっ


こんな使い分けが出来ちゃうわけです。
特にシャッド系のワームで試してみて下さい。


調子こいて短いシャンク使ってスキッピングなどをバシバシやっていると
ワームがミサイルとなって飛んでいくのでご注意を。。
流れ星だぜ。。


ページ最上部へ