リグとは


リグとはワームをラインやフックにつける方法や、それを使った釣り方自体を指します。

同じワームを使用してもリグが違っただけで、そのバスが釣れたり釣れなかったりします。

まずは簡単なリグでよいかと思います。ワームで釣る感覚がわかったら

いろんなリグを試してみて下さい。ピッチャーの持ち球が増える感じです。

いままでストレートしかなかったが、カーブ、フォークも使えるようになれば

それだけバッターを打ち取りやすくなるわけですよ。

※ 最下部にフックへワームをセットする手順があるよん。


● ノーシンカー

ノーシンカー

ワームとフックだけのリグです。シンカーを使用しないぶん

自然な動きが出せます。ただしシンカーがないぶん飛距離はだせませんが、

近年高比重のワームがたくさんあるので、あまり悩む必要はないと思います。



● ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグ

ジグヘッドにワームをつけたリグです。

ワームとシンカーが接しているので操作しやすいという利点があります。

フックがワームのボディから出ている状態でセットすることから

根がかりが多いという欠点もあります。

ローリングについてはこちら。
ウォブルについてはこちら。




● スプリットショットリグ

スプリットショットリグ

スプリットショットをフックから数十センチ離れた箇所につけたリグです。

作り方や操作が簡単なリグですので初心者向きです。



● テキサスリグ

テキサスリグ

バレットにラインを通したリグです。もっともポピュラーといわれてます。

バレット自体がすり抜けしやすいので、根がかりが少ないリグです。

またズル引き、ボトムバンピングなど操作しやすいので

テクニックの練習にも最適です。

シンカーストッパーに輪ゴムはこちら。




● キャロライナリグ

キャロライナリグ

バレットにリーダーを付けてワーム自体は自由になっているリグです。

ワームを自由にすることにより、自然な動きが出せるようになっています。



● アンダーショットリグ

アンダーショットリグ

ラインにフックを付けた時に、通常ならば捨ててしまう方のラインを

30cmぐらいまでの間で残し、そこにシンカーを取り付けるリグです。

常吉リグ、ダウンショットリグと呼んだりもする。

底から一定の層を保ったり、1点でシェイクすることが出来る。

常吉リグはこちら。




● ワッキーリグ

ワッキーリグ

ワームの胴体に横または縦にフックをチョンがけするリグです。

水の抵抗により派手な動作をするのでアピール度が高いです。

またダウンショットリグにワッキースタイルでセットする場合もある。

全てはバサー次第。気まぐれ風味。



● 根こリグ

根こリグ

[根こそぎ釣る]から根こリグです。

シンカーを埋め込んだほうの部分でボトムをつつくように操作します。

この動きがボトムをつつく小魚なの動きに見えバスが喰いつきます。



セット手順


● その@

その@

ワーム先端の中心にフックを刺していきます。

ワームはバランス命ですので、くれぐれもど真ん中にね。



● そのA

そのA

アイの下からフックが曲がり始める所までの長さと

同じ長さぐらいのところからフックを出します。

フックを出す際もワームの真中からだすようにしましょう。



● そのB

そのB

アイぐらいを残す感じで。

残しすぎるとウィードなどが絡みやすく、

入れすぎるとワームが裂けやすくなります。

ほどほどで。



● そのC

そのC

ここでフックをグリンと180℃回転させます。

グリンとです。プリンでもいいです。

そしてまた真中に刺します。



● そのD

そのD

上部のまたまた真中からフックの先を出します。はい、これで出来上がりです。

何回もセットしてれば自然と上手になりますから焦ることはないです。

そのうち飾っときたくなるぐらい綺麗につけれます。



ページ最上部へ