ロッドとは


ロッドとはルアーを投げたりバスを釣り上げたりする竿です。

種類は2種類。ベイトロッド、スピニングロッド。それぞれリールに合わせ使います。

それぞれのリール用に形が作られてますので必ず正しい組み合わせで使いましょう。

間違って組み合わせで使ってると指差されて笑われますし。。


ルアーを最適にアクションさせる為には

そのルアーを扱うために選択したロッドを使用するのが一番で、ルアー毎にロッドを用意するのがベストです。

が、そんなお金はございません。少なくとも私にはござーません。

まずはたくさんのルアーが扱えるタイプのロッドを購入しましょう。

釣りの経験を重ねていくうちに必要となるロッドもおのずと分かってきます。

それからでもちょっとづつ増やしていっても全然遅くないです。1本のままだって問題ないです。


※ こちらはナチュラムさんの バスロッドの売れ筋ランキング
売れているということは理由があるのです。ご参考までに。



● 素材

カーボン

バスロッドの主流。さらに高弾性、低弾性という違いがあり

高弾性ほど軽く感度がよいがもろく、低弾性ほどトルクや粘りがあるが重いです。


グラス

ガラス繊維なので重いですが折れずに粘りと反発力に優れています。


ボロン

金属なので重いですがパワーと感度は優れています。


● テーパー(ロッドの曲がりかた)

ファーストテーパー

ロッドの先端部分がしなやかなので

ルアーを繊細に操作したり縦方向の釣りに向いています。つまりライトリグ向きです。


レギュラーテーパー

ロッドの中心部分で曲がるので幅広くさまざまなルアーが扱えます。

また飛距離も出しやすいです。つまりスピナベ、バイブ、クランク向きです。


スローテーパー

ロッドの根元近くから曲がるのでトルクを最も引き出せます。

また横方向の釣りに向いています。つまり重いルアーやダイナミックに動かすルアー向きです。


※ 種類は下図になります。上のほうほど先端が、下のほうほど根元から曲がることになります。

Extra Fast
Fast
Medium Fast
Regular
 Medium Slow 
Slow
Extra Slow


● パワー(ロッドの硬さ)

使えるルアーやパワーの目安です。

※ 種類は下図になります。上のほうほど軽い、下のほうほど重いルアー対応です。

Ultra Light UL  2lb〜 8lbのライン  1g〜10gのルアー向きです
Light  L  4lb〜12lbのライン  2g〜14gのルアー向きです
Medium Light ML  4lb〜14lbのライン  5g〜18gのルアー向きです
Medium  M  6lb〜16lbのライン  5g〜28gのルアー向きです
 Medium Heavy  MH  8lb〜20lbのライン  8g〜30gのルアー向きです
Heavy  H 10lb〜25lbのライン 10g〜35gのルアー向きです
Extra Heavy XH 10lb〜25lbのライン 10g〜42gのルアー向きです



フィート(ft)については こちらのページ で説明しております。


ページ最上部へ
アウトドア&フィ
ッシング ナチュラム