シンカーストッパーに輪ゴムを使う方法


テキサスには、
ラインにシンカーストッパーというゴマ程度の大きさのゴムを取り付けて
そのゴムのところまでしかシンカーが移動しないようにある程度固定するか、
またはラインには何も付けずにシンカーを全くのフリーにするかの2パターンあります。

ちなみにシンカーストッパーというのは、こういうやつです。
シンカーストッパートーナメント

アクティブ シンカーストッパートーナメント




撃ちたいカバーがヘビーで、
シンカーだけ落ちてワームは引っかかってなかなか落ちてくれない。
あ〜、イライラするぜっ!てならシンカーストッパー付けてワームも落としやすくするとか、
底をズル引くのに、もうちょっとワームをナチュラルに演出したいってなら
シンカーストッパーを付けずに自由度を大きくしてみたりなど
その目的にあわせて付けたり付けなかったりします。

シンカーストッパーを付けていても
ある程度シンカーから離した位置に移動させておけば
殆どシンカーがフリーな状態にはなります。
つまりテキサス専用でタックル組んでますよって方なら
シンカーストッパーを外すことなく位置を動かせばそれでOKなのですよ。



ただ、このタックル、他のルアーにも使い回すんだよね。て方が問題。


このシンカーストッパーはラインから外したが最後、
殆ど再度取り付けることは不可能。
つまり使い捨てなのですよ。


う〜ん、勿体無い。。


そこであみ出されたのが[輪ゴムストッパー]。

シンカーストッパーの変わりに輪ゴムを使っちゃおうぜっという発想。
使い捨てになりますが、輪ゴムは100円均一でも購入可能です。
ちなみに私が買ったのは130gで100円。
つまり、まぁ、いっぱい入って100円てことですよ。
お得ってことですよ。


輪ゴムストッパーを使う条件は2つ。
どちらか片一方が出来ればOKです。

まず1つ目は
A「おいおい、あいつシンカーストッパー代わりに輪ゴムつかってね?」
B「うわっ、本当だ。ぷぷ。」
と他のバサーに笑われることがあっても
耐え切れるタフなハートを持っている人。

もう1つ目は
A「おいおい、あいつシンカーストッパー代わりに輪ゴムつかってね?」
B「うわっ、本当だ。ぷぷ。」
と他のバサーに笑われたら、
そいつらの目の前でそのタックルで40up以上を即座に釣り上げ
グゥの音も出なくすることが出来る人。


私?私は傷ついて、しばしの間ボートの上でヒザ抱えて座り込む人です。



フリーな状態 まずは普通にテキサスをリグりましょう。



輪ゴム結びました シンカーとリールの間のラインに輪ゴムを結びます。
俗に言う固結びってやつでOKです。



ぎゅーっとね 簡単に取れてしまわないように
ぎゅぅぅぅっと締めこみます。



ちょっきん で、飛び出ている輪っかの部分は
引っかかって邪魔になるだけなので
ハサミで、ちょっきんちょっきん。
すると、こんな感じな玉状態。




出来上がり はい。出来上がりっと。
これが、以外にも
全然取れないし、勝手に移動したりしない優れもの。
輪ゴムなんて家に転がっていると思うので
まずはそれで試してみて下さい。
気に入ったら100円均一輪ゴムを買いにGO!





ページ最上部へ