あ行


● アイ(アイレット)

ラインを結ぶ為についているフックやルアーのリング状部分。

なかなかラインを通せなくてイライラしたら負けである。


● アウトレット

湖沼池等から川へ流れ出す部分。放水口等。狙ってみて損はない。


● アキュラシーキャスト

コントロール重視のキャスト。 ドカベンでいうとこの里中君。


● アクション

リール、ロッド等でルアーに動きを与えること。

アクションを入れた方が良い場合もあるし、入れない方が良い場合もある。難しいねぇ〜。


● 朝まずめ

夜明け近辺の時間帯。それに対し夕暮れの時間帯は[夕まずめ]。

どちらかというと朝まずめ狙いの人の方が多い気がする。


● あたり

ルアーにバスが喰いついてきた時。至高の一瞬である。


● アピール

ルアーの色、動きをバスに主張すること。何事もアピールですよ。


● アフタースポーン

産卵後の体力回復中バス。ぐったりしているので釣り上げると何となくヘコむ。


● アプローチ

バスやポイントに近づいていくこと。見えバスに近づくのはドキドキなのさ。


● アワセ

あたりの後にバスにフックをかける動き。

[フィッシュ!]など決め台詞を考えておこう。


● アンカー

船を停める為の重り、いかり。まあ、コンクリートの塊ですね。


● アングラー

釣り人。バス釣り専門をバサーと呼ぶ。

響きがかっこいいので積極的に使用すべし。俺、アングラーだからさ。。ふっ。


● 糸ふけ

ラインにたるみがある状態。やる気がなくビロ〜ンとしてる訳じゃないのさ。


● イモグラブ

グラブのテールのピロピロした部分を切断し使用すること。

意図せずテールがぶち切れどんどんイモグラブが増えていく。。


● イレギュラー

ルアーの変則的な動作。どーもバスはこいつが好きらしい。


● 入れ喰い

次々と釣れるさま。笑いが止まらない。


● インターセクション

水の流れが合流する場所。ルアー投げ込んどけ。


● インビジブルカバー(インビジブルストラクチャ)

目で確認出来ない水中の倒木、岩等障害物。

フォースだ。フォースを信じろ。


● インレット

川から湖沼池等へ流れ込む部分。人気スポットですね。


● ウィード

藻のこと。夏なんか絡みまくりで大変っすよ。


● ウィードエッジ

藻の密集地帯の端部分。奴がいるぞ!


● ウィードレス

藻等にかかりずらくなっているルアーやフック。すいすい引けるの。


● ウエーダー

水に入れるズボン。腰までのタイプをウエストハイウエーダー、

胸までのタイプをチェストハイウエーダーという。 見た目はね。。


● ウエーディング

ウエーダーを着用し、水に入って釣りをすること。

これぞ釣り師的感はありますな。


● ウォブリング

ルアーが左右に揺れること。 重要よ。これ重要よ。


● 馬の背

岬等の延長にある水底の盛り上がった部分。 別に馬でなくても。


● エラ洗い

バスが水面上で魚体を振ってフックを外そうとするさま。

ほほう、このじゃじゃ馬が。


● エレキ

ボートにつけるエレクトリックモーターの略称。

手で操作するのはハンドエレキ、

足で操作するのはフットエレキ。ブルジョワ階級な代物。

ほほう、このじゃじゃ馬が。


● オーバーハング

木が水面上に覆い被さっている状態、場所。

バスが居る、夏には暑くて人が居る。


● オープンウォーター

障害物のない開けた水面のこと。水中の障害物でも探しまひょ。


● おかっぱり

岸からの釣り。捜査は足からですよ。


● 送り込み

アタリがあった時に即アワセせずラインを出すこと。

疑り深い私はよく使います。


● オダ

枝等を組んで沈めたもの。そこには食物連鎖の縮図が。


● お祭り

他の人のラインと絡まること。踊らなそんそん。


ページ最上部へ